効率化を促すフロー|美容関連製品をしっかりと在庫管理する|業務の効率化を図るコツ
ウーマン

美容関連製品をしっかりと在庫管理する|業務の効率化を図るコツ

効率化を促すフロー

ウーマン

ISO9001の取得

最近、多くの企業が国際規格のISO9001の取得に向けて活動を始めています。この規格は、製品やサービスの出来栄えに認定されるものではなく、仕事のプロセスで取得を目指すものです。従って、その実態が見えにくいことが問題になります。そこを解決していくために、仕事の無駄を省く取り組みが最初に行われます。社員一人一人のワークフローの作成もその一つです。多くの社員を抱える企業では、社員同士で作業が重なることがあります。それを洗い出すためのワークフロー作成なのです。作業洗い出しには、校正で厳しい目が必要です。そのため、企業の幹部とコンサルが組んで仕事を行うことが多いそうです。会社の規模にもよりますが、ワークフローによる仕事の無駄の洗い出しは、3か月から半年ほどを要することになります。

仕事内容を改善する

仕事の無駄を省くためとは言え、社員に業務以外のワークフローを作成させたり、コンサルを雇ったりと、かなりの経費、工数を要します。この作業のために、社内人件費が10パーセントも上昇した企業もあるそうです。そこまでして、規格を取得する意味は、企業の社会的信用と売り上げの上昇にあります。国際規格を取得したというお墨付きをもらえば、世間の評価も高まります。一見、余計な作業に思えるワークフロー作成も、全ては企業が反映するための糸口なのです。ワークフローで仕事の無駄が見つかれば、無駄な作業をしている人員を、もっと建設的な仕事に回すことができます。こうして社内の仕事を効率化することで、経費削減、利益の上乗せに貢献できるのです。